ムダ毛が気になって、早く処理したいとついつい自己処理で済ませてしまう方も多いですよね。 でも、自己処理は肌へのダメージが大きく、一時的にはキレイに見えても、後々後悔してしまうことも。

自己処理方法によってメリットやデメリットは異なります。それぞれの違いを理解して、自分にあった方法を選んでくださいね。

毛抜き、ワックス、テープなどで一気に抜く方法。毛抜きを使えば、ゼロ円でムダ毛処理ができます。毛根から引き抜くので、次に毛が生えてくるまで長持ちするのが最大のメリット。

ただ、この方法は痛い!ブラジリアンワックス脱毛サロンも増えていますが、人によってはかなり痛いと通うのを諦めることも…。また、肌と毛穴へのダメージが大きいのも特徴です。長く続けていると毛穴が目立つ「鳥肌状態」 になっていたり、色素沈着を起こしていたり、肌に毛が埋もれる「埋没毛」 になっていたり…と肌トラブルにつながります。

カミソリや電気シェーバーを使って剃る方法は、一番お手軽だから続けている人も多いかもしれません。短時間でムダ毛処理が済むというのがメリットです。

ただ、肌を一緒に削ってしまうので、カミソリ負けなどのトラブルが起こりがち。すぐに生えてくるので、お手入れの回数も増やさなくてはいけません。毛の断面が太く見えるので、次に生えてくる毛が「濃くなった」と感じるかもしれません。

自己処理の中では、一番肌負担が少ないので、脱毛サロンでは電気シェーバーを使った自己処理をおすすめしています。

クリームを使って、ムダ毛を溶かしてしまう方法。最近は、ツーンとした臭いも改良されて、使いやすい薬剤も増えています。クリームを塗って数分後に洗い流すだけでキレイになるので、痛みもなく、お手軽に除毛できるのがメリットです。

ただ、体質によってはクリームが肌に合わない可能性があることと、脱毛できる箇所に制限があるのがデメリット。ワキやデリケートゾーンなど、肌が敏感なところには使用NGな商品が多いです。

脱色剤を使って、ムダ毛を目立たない色に染める方法。肌への刺激がないのがメリット です。ただ、薬剤が肌に合わない可能性もあるので、注意が必要です。

ムダ毛は生えている状態なので、どうしても「ツルツル」という手触りではありません。また、髪の毛を染めたときと同じように、毛が伸びてくると「プリン状態」が目立ってしまいます。

家庭で使える脱毛器を購入して、自宅でしっかり脱毛する方法です。サロンに通うよりは費用をおさえることができます が、 途中でめんどうになる人も多い です。せっかく脱毛器を買った後にサロンに切り替えるのは、お金がもったいない!専用機器での脱毛を検討しているなら、まずは脱毛サロンに相談してから決めるのも良いかもしれません。

サロン脱毛に通うと、半年~2年かけてツルツルのお肌に近づきます。

費用がかかることと、脱毛完了までに時間がかかるのはデメリットサロンに通うよりは費用をおさえることができます ですが、肌にダメージの少ない自己処理と組み合わせることで、問題なく日常生活をおくることができます。脱毛回数が増えるほど、ムダ毛の量や太さも変わるので、お手入れも楽ちんになりますよ。

脱毛サロンに通っている間は、肌にダメージの少ない「電気シェーバーで剃る」 という自己処理をおすすめします。脱毛前後にかぎらず、日常的にしっかり保湿して、肌を健やかに保つようにしましょう。

ロゴ

お問い合わせ・ご相談はこちらから